2011年11月20日

愛ちゃん初主演映画「パンツの穴」で「高校時代に戻ったみたい」

 パンツの穴original.jpg映画「パンツの穴 THE MOVIE 童貞喪失ラプソディ」が11月19日に公開初日を迎え、ヒロインを務めた篠崎愛ちゃんとアイドルユニット「AeLL.(エール)」のメンバーの西恵利香、石篠遥梨、鷹那空実、田之上賢志、森岡利行監督が舞台挨拶に登壇した。


「月刊BOMB!」(学研パブリッシング刊)のエロティック投稿ドラマを原案に、かつて映画として一世を風びした「パンツの穴」を、新たなキャストで21年ぶりに映画化。両親の離婚に伴い田舎町に引っ越してきた可憐な女子高生と、童貞に思い悩む男子高生たちの青春が描き出される。
 映画初出演にして初主演を務めた愛ちゃんは水着あり、パンチラありで、ヒロイン・なるみを熱演。「演技すらほとんどしたことがなかったので、緊張しました」と振り返り、「私は高校のとき、男子とは緊張して話せなかったので、田之上くんと話しながら、高校時代に戻ったような気持ちでした」と笑顔を見せた。
パンツの穴sub1_large.jpg
「全部のシーンでがんばった」と胸を張るが、特に思い入れがあるのは涙を見せる場面。「ふだん、感情が薄いって言われるんですが(苦笑)、お父さんの顔を見てセリフを言ったら自然と泣けてきました」と明かした。

AeLL.の仲間たちは、博志のクラスメイトを演じたが「セリフは二言しかないのに緊張しました!」(石篠)、「とにかく一生懸命やりました」(鷹那)と奮闘をアピール。リーダーの西は、「何を隠そう私は22歳なんですが(苦笑)。

制服は5年ぶりくらいでしたが背の低さで何とかなったかなと思います」とホッとした表情で語り、会場の笑いを誘っていた。

撮影が9月に行なわれ、2カ月後に公開という過密スケジュールとなった本作。森岡監督は愛ちゃんと田之上を「若くてパワーがある。キャリア不足を吹っ飛ばすくらいの情熱をもって挑んでくれた」と称えた。


パンツの穴sub3_large.jpg



篠崎愛 「愛」あふれてます! [DVD]

新品価格
¥2,926から
(2011/11/20 15:59時点)










恋なんです。/篠崎愛恋なんです。/篠崎愛

篠崎愛 [2012年 カレンダー]

新品価格
¥2,000から
(2011/11/22 20:34時点)


ラベル:パンツの穴
posted by くりおね at 16:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。